読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

運営サービスの常時SSL化を行ったのでその件について書いてみます。

スポンサード リンク

バフというキャラクターで運営しているウェブサービス(一部除く)について、常時SSL化を行ったのでその件について書いてみます。

常時SSL化しようと考えた理由

GoogleがランキングシグナルとしてHTTPSを評価するという話

と、いってもこれ2014年くらいから出ている話です。
GoogleランキングシグナルとしてHTTPSを評価するという話が、2014年くらいから出ています。
詳しくは以下の記事を参照で。

HTTPS をランキング シグナルに使用します - Google ウェブマスター向け公式ブログ
https://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2014/08/https-as-ranking-signal.html


さて、この話はそれこそ2014年頃の話です。
が、その時点で、「じゃぁ常時SSL化しちゃう!?」とやってしまうには若干の問題がありました。
それについては以下の「各種広告サービスのSSL対応状況」うんたらをご覧頂けると。

各種広告サービスのSSL対応状況の変化

Googleが上記の記事を公開した、2014年時点では、広告サービスがhttpsに未対応のものが多かったのです。
例えば、SSLサイト上で、httpな広告や、広告に付随するWEBバグ等を読み込んだ場合、「混在コンテンツ」となってしまいます。
当時、メジャーなブラウザで「混在コンテンツをブロック」するのがデフォルトの設定となっているものもありましたし、この記事投稿時点でも「混在コンテンツ」のアイコンが非SSLよりも危機感を煽るマークのブラウザも存在する(具体的にはFirefox。f:id:otapps:20160727091803p:plainみたいなマーク表示されたらヤですよね〜。ちなみに、ChromeやIE/Edge等では、混在コンテンツはSSLマークなし。)ので、広告等を表示するために「混在コンテンツ」は避けたいところです。(かといって、「金にならないのであれば、ウェブサービスなんて提供する意味が無い!」というのが本音なので「広告を控える」という選択肢はあり得ません。)

が、最近、続々とメジャーな広告サービスが、SSLに対応してきたので、「そろそろ良いかな!」と思ったのもあります。

無償でSSL/TLS証明書を取得可能なLet's Encryptが正式リリースされた事

無償でSSL/TLS証明書を取得出来る、Let's Encryptが正式リリースされた事も理由として挙げられます。
Let's Encryptについては別途記事を書こうと思っていますが、証明書を無償で取得可能であるという点は勿論のこと、「証明書の自動更新が容易」(面倒が少ない)という点も魅力的です。

常時SSL化によって起きた事

一時的な現象

検索結果への反映

主にGoogleの話ですが。
http→httpsへの301リダイレクト・WEBマスターツールでの設定後、数時間程度でhttpsの方をインデックスしてくれたようです。
その後、一旦、検索結果のサイトリンクが一時的に崩れましたが、数日程度でサイトリンクが表示されるようになりました。

長期的(といっても様子見1ヶ月程度)な効果

ヒットするキーワードのパターンが増えたように思える

PV数の少ないサイトから順に〜という形で常時SSL化を行いましたが、元から大してPV数の多く無いサイトでは大きな変化を確認する事が出来ませんでした。
が、最後に常時SSL化を行った、元々ある程度のPV数・ユーザ数のあるサイトに関しては、明らかに検索からの流入・新規のユーザが増加しているように思えます。
検索キーワードのパターンも、以前と比較して多くなっていますね。
その分、直帰率が僅かに上がってしまっているように思えますが。


結論

常時SSL化によるメリットは大きかったと思います。