Kindle Unlimitedを一ヶ月程使ってみました。

スポンサード リンク

AmazonのKindle Unlimitedを一ヶ月程使ってみたのでその感想です。

Amazonの書籍定額読み放題サービス、Kindle Unlimitedを一ヶ月程使用…もとい試用してみたのでそれについて。

Kindle Unlimitedを利用してみて感じた事

Kindle Unlimitedで同時に利用可能な書籍は10冊まで

Kindle Unlimitedで同時に利用可能な書籍は10冊までとなっています。
利用上限の10冊までの範囲で「Unlimited マイブック」として各種端末でダウンロードしたり利用する事が出来ます。
ちなみに、10冊を超えて利用しようとすると利用中の書籍の利用を停止して枠をあける必要があります。
10冊入る本棚を与えられて、読み放題対象書籍をその本棚に納まる範囲でやりくりするイメージですね。

読み放題対象作品のラインナップ

主に版元によって結構差があるようです。
個人的にチェックしているのは、主に娯楽作品(ラノベ・コミック・一般小説等)なので、あくまで娯楽作品に限った話ですが…。
例えば、初刊一冊のみ対象の「お試し」的な感じだったり、ほぼ、もしくは全巻対象(最新刊以外とか)だったり、同じ版元で同じ著者の作品でも1作品のみが対象だったりする事もあります。

また、まだリリースされて1ヶ月程度のサービスですが、リリースされた当初は読み放題対象だった作品が、その後、読み放題対象外となったものもいくつか確認しているので、読み放題作品の入れ替えは普通にあるようです。

新しい作品や筆者に気軽に触れるための「試し読み」「立ち読み」の強化版だと思えば良サービス

娯楽作品に限定した話ですが、電子書籍サイト等で「期間限定無料」等で配信されている作品がありますが、あれの「対象作品数が大幅に増加したもの」とでも考えれば割と納得出来るサービスです。*1
980円/月で「試し読み」の幅が広がって、対象作品の中から「絵が好きっぽい!」「タイトルが気になる!」とかで手軽にダウンロードして、自分の中でお気に入りの作品やお気に入りの著者等を見つける事が出来るかもしれない・・・と、考えれば、割と良サービスではないかな〜と。
「同時利用10冊まで」の制限も、気に入った書籍やシリーズは、電子書籍版を通常購入、または紙の書籍で通常購入すればよいだけですし。

いわゆる専門的なカテゴリの書籍も…。

同時利用10冊までという制限があるので、私は主に娯楽作品のみひたすらチェックしていますが…。
探してみると、「紙の書籍としても出版されているような専門書」も、僅かですが読み放題対象だったりするようです。
(紙の書籍としても出版されているような)専門書って、1冊あたりが結構な金額なので、それだけで元取れたりしますね。*2

有料継続するか否か

これまでは1ヶ月無料試用という事で無料期間でしたが、1ヶ月程使ってみて、今後有料継続するか否かについて考えてみると…。
上述している通り「試し読みの幅が広がる」という点にメリットを感じるので、個人的には継続してみようかなーと思っています。
病院の待ち時間とか、空いた時間を潰すのに役立ちますし。

*1:勿論、シリーズ全巻対象の作品もありますが。

*2:但し、Unlimitedがリリースされた当初は読み放題対象だったものが現在読み放題対象から外れていたりするので「現在」は未確認。